石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)

八幡市の石清水八幡宮
石清水八幡宮の写真

国宝の社殿は徳川家光が造営したもので、その周りには様々な動物の彫刻があります。
石清水八幡宮の写真

まず楼門の正面には鮮やかな龍虎の対決の欄間彫刻。
徳川家康(虎年)、徳川家光(辰年)ということで、このふたつが選ばれているそうです。
その下には白い鳩が向かい合っています。鳩は八幡さんのお使いです。
右の鳩は口を開けていて、あうんの鳩になっています。
石清水八幡宮の写真

さらに、左甚五郎作と伝わる「目貫きの猿」や、「かまきり」「りすとぶどう」「天人(てんじん)」など他にはない彫刻もあります。

この動物はなんでしょう。
石清水八幡宮の写真

外からは見えませんが、織田信長が寄進したという「黄金の雨樋」も見所のひとつです。


かわいい鳩みくじも人気上昇中。

石清水八幡宮

所在地京都府八幡市八幡高坊30
料金境内自由
時間5:30~18:30 季節により変動します
アクセス男山ケーブル「男山山上駅」下車 徒歩5分