瀧尾神社は「源平盛衰記」にも載っている古い神社です。
瀧尾神社

拝殿天井の8メートルの龍は圧巻です。
「龍が夜な夜な抜け出して、川へ水を飲みに行く」とうわさになったほどのリアルさ。
瀧尾神社

本殿をのぞくと階段両脇にお猿さん。
瀧尾神社

見上げると真ん中に彫られている不思議な生き物。
瀧尾神社

うさぎも見おろしています。
瀧尾神社

多くの動物や鳥が彫られていて見飽きることがありません。
鼠・馬・龍・牛・犬・猿・猪などの十二支をはじめとして、水鳥、鶴、鳳凰、犀、麒麟・・・実在の動物から想像上の生き物まで。
江戸時代末期の九山新太郎による彫刻です。
瀧尾神社

瀧尾神社

所在地 京都市東山区本町11丁目718
料金境内自由
時間日中随時
アクセス京阪・JR「東福寺駅」から徒歩3分