head_animal.jpg

12)牛 丑(ウシ Cow) 一覧

文子天満宮(あやこてんまんぐう)

文子天満宮は北野天満宮の前身の神社。道真の乳母だった多治比文子が祠を建てて菅原道真を祀ったのが起こりとされています。
文子天満宮

天神さんですので、牛がいます。
文子天満宮


文子天満宮

所在地 京都市下京区間之町通り花屋町下る天神町400
料金境内自由
時間日中随時
アクセス京都駅から北へ徒歩10分

火除天満宮(ひよけてんまんぐう)

火除天満宮は、寺町通四条をさがったところにある小さな天満宮。
ライブハウス都雅都雅の入り口のわきにあります。
このあたりは蛤御門の変などで何度も火災に見舞われましたが、ここだけは焼けなかったということで、火除の神様としての信仰をあつめています。
火除天満宮の牛は、頭の毛がもじゃもじゃしてリアルな牛です。
火除天満宮の牛

火除天満宮

所在地 京都市下京区寺町通四条下る貞安前之町
料金境内自由
時間8:00~21:00
アクセス市バス「河原町四条」下車徒歩5分

菅原院天満宮神社(すがわらいんてんまんぐうじんじゃ)

菅原道真誕生の地といえば、菅原院天満宮神社。京都御所の西側にある小さな神社です。
菅原院天満宮神社

菅原道真公、お父さんの是善卿、おじいさんの清公卿を祭神としてお祀りしています。
境内には菅原道真公の産湯の井戸があります。そのお水も汲んで帰ることができます。
天満宮といえば牛。牛は3頭。
菅原院天満宮神社

菅原院天満宮神社

菅原院天満宮神社

菅原院天満宮神社

所在地 京都市上京区烏丸通下立売下る堀松町408
料金境内自由
時間7:00~17:00
アクセス地下鉄烏丸線「丸太町駅」より徒歩5分

霊光殿天満宮(れいこうでんてんまんぐう)

霊光殿天満宮は、もとは菅原道真公が九州配流の途中に立ち寄った河内国に建てられた天満宮で、その後何度か移転しこの地に。
徳川家康公も祀られています。

牛は3頭。
霊光殿天満宮

霊光殿天満宮


霊光殿天満宮

所在地 京都市上京区新町通今出川下る徳大寺殿町365
料金境内自由
時間日中随時
アクセス地下鉄烏丸線「今出川駅」より徒歩5分

菅大臣神社(かんだいじんじんじゃ)

菅原道真公をお祀りする菅大臣神社。
菅大臣神社

「東風吹かばにほひおこせよ梅の花 主なしとて春なわすれそ」の歌を道真公が詠んだ場所。
菅大臣神社

牛は3頭いました。
菅大臣神社

菅大臣神社

所在地 京都市下京区仏光寺通新町西入菅大臣町
料金境内自由
時間9:00~17:00
アクセス市バス「西洞院仏光寺」下車徒歩2分

吉祥院天満宮(きっしょういんてんまんぐう)

菅原道真公を祀る吉祥院天満宮は934年創建の由緒正しい神社です。
小学校のグラウンドを思わせる広い境内地を有しています。
吉祥院天満宮

一番目をひくのは拝殿のかたわらにあるキティちゃん
ゆえにキティちゃん好きの方には外せないスポットとなっています。
もちろん、キティちゃん御守も授与されます。

神馬と神猫。
吉祥院天満宮

天神さんのお使いの牛はキティちゃんより古いです。
吉祥院天満宮

狛犬も明治時代のもの。
吉祥院天満宮
新旧の融合が刺激的です。

吉祥院天満宮

所在地 京都市南区吉祥院政所町3
料金境内自由
時間日中随時
アクセスJR「西大路駅」下車 徒歩約15分
市バス「吉祥院天満宮前」下車 徒歩約3分
400年の歴史を誇る京の台所「錦市場」の東端に鎮座する錦天満宮。
天神さんを祀り、学問の神様・商売繁盛の神様としてお参りする人が絶えません。
錦天満宮

牛は撫でられてツルツルピカピカで、青い空を映しています。
錦天満宮

錦天満宮

所在地 京都市中京区中之町537
料金境内自由
時間8時〜21時
アクセス阪急「河原町」徒歩3分
駐車場なし
長岡天満宮の祭神は菅原道真公ですから、牛とのつながりは深いものです。
丑年に生まれ、丑年に亡くなった道真公には牛にまつわるエピソードもたくさん。
太宰府に流される途中、刺客に襲われたときも、白牛に救われたといわれています。

そんなわけで、拝殿のかたわらにものんびりと牛がくつろいでいます。
長岡天満宮拝殿

少し離れたところにもいます。
長岡天満宮
北野天満宮もそうですが、天神さんにはいろいろな素材で造られた牛がいます。

4月下旬のキリシマツツジは赤すぎて目がチカチカします。
長岡天満宮の霧島ツツジ

長岡天満宮

所在地 京都府長岡京市天神2丁目15−13
料金境内自由
時間午前9時〜午後6時(4月〜9月)
午前9時〜午後5時(10月〜3月)
アクセス阪急京都線「長岡天神駅」西口より徒歩10分
駐車場コインパーキングあり
綺原神社は蟹満寺のすぐそばにあります。
日本書紀にも載っている古社でタテイナダヒメをお祀りしています。
綺原神社

境内のかたすみに牛。
菅原道真公を祀る天神社があるからですね。
綺原神社

綺原座健伊那太比賣神社

所在地 木津川市山城町綺原山際16
料金境内自由
時間日中随時
アクセスJR棚倉駅から徒歩約19分
コミュニティーバス山城線蟹満寺口下車、徒歩約9分。
虚空蔵法輪寺
嵐山の渡月橋から山を見上げればその堂塔が中腹に見えます。
法輪寺
十三参りで有名なこのお寺。
今昔物語・枕草子・平家物語などにも登場する古いお寺です。

本堂の両側には狛虎と狛牛。
虚空蔵菩薩は、丑(うし)年、寅(とら)年生まれの人の守り本尊です。

吼える虎。
法輪寺


おだやかな表情の牛。
法輪寺

すこし離れてこの羊がいます。
羊は虚空蔵菩薩のお使いまたは虚空蔵菩薩の化身とされているそうです。
羊のポーズは、ふりむいて虚空蔵菩薩を背中に乗せようとしているところだとか。
法輪寺の羊

虚空蔵法輪寺

所在地京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町
拝観時間〜17時
料金境内自由
アクセス京福電鉄「嵐山駅」より南へ500m
阪急電鉄「嵐山駅」より西へ200mなど
駐車場有料駐車場があります。1回1000円

このページの上部へ

最近のピクチャ

  • 幸神社
  • 妙心寺東林院の夏椿
  • 直指庵
  • 実相院の兎
  • 京都タワーのたわわちゃん神社
  • 東福寺開山堂

サイト内検索