head_animal.jpg

15)龍 辰(りゅう Dragon) 一覧

伏見稲荷大社の奥社を過ぎて鳥居の参道をすこし外れたところに神宝神社(かんだからじんじゃ)があります。
平安時代の創建で、元は稲荷山の山上にあったそうです。
神宝神社

狛犬の代わりに立派な狛龍が社殿両脇に置かれています。
右側が天竜、左側が地龍。
神宝神社

モダンなデザインの鶏もいます。
神宝神社

屋根には鳳凰が羽根を広げます。
神宝神社


神宝神社

所在地 京都市伏見区深草笹山町15
料金境内自由
時間自由
アクセスJR奈良線 「稲荷駅」徒歩15分
京阪本線 「伏見稲荷駅」徒歩15分
成相寺さんの本堂の中では左甚五郎が彫ったという『真向きの龍』を見ることができます。

こちらは1290年に作られた「鉄湯船」。
立派な龍が水を吐いています。
成相寺

十王堂の中には色鮮やかな「孔雀明王」がおられます。 成相寺の孔雀明王

観音堂の装飾もなかなかおもしろいです。
この鳥は一体なんでしょう?
成相寺
うさぎもいますね。
成相寺

最後に成相寺の境内から見る天橋立の景色を一枚。
成相寺


成相山成相寺

所在地 京都府宮津市字成相寺339
料金入山料大人500円
時間8時〜17時
アクセス北近畿タンゴ鉄道「天橋立駅」からタクシーで25分。
「天橋立駅」から船→ケーブル→丹後海陸交通登山バス。
与謝天橋立I.Cから車で。
駐車場あり
大浦半島の山の上にある多禰寺さんは高い山の上にあり、眺望が素晴らしいお寺です。
多禰寺

本堂の虹梁の上の龍の彫刻が見事です。
多禰寺

境内のすみには象が二頭。パオ〜ン。
多禰寺
ちょっとひと休み用ですね。きっと。

でも・・・目が本気です。
多禰寺


多禰寺

所在地 京都府舞鶴市字多祢寺346
料金入山料100円、(宝物殿拝観500円)
時間9:00〜17:00(11〜3月は16:00)
アクセスJR舞鶴線東舞鶴駅から京都交通バス小橋行きで30分、舞鶴自然文化公園下車、徒歩20分
駐車場無料
福知山、石原の洞玄寺さん。
洞玄寺の写真

本堂正面の虹梁の上に立派な龍が彫られています。
洞玄寺の龍の彫刻の写真

洞玄寺は昔はお城だったので、見晴らしの良い高台にあり、とても開放感のあるお寺です。 土塁や空堀も残っています。
洞玄寺の牡丹

お庭にはおもしろいものが・・・。

モアイ的なお地蔵さま?
洞玄寺の牡丹
目がキツい鳥。鶴か?
洞玄寺の牡丹

5月には牡丹が一斉に咲き、「ぼたん寺」として親しまれています。
洞玄寺の龍の彫刻の写真

洞玄寺の牡丹

洞玄寺の牡丹

また訪れたいお寺です。
洞玄寺の牡丹


洞玄寺

所在地 京都府福知山市字石原1256
料金境内自由
アクセスJR山陰本線石原駅から徒歩10分
京都交通バス「府立工業高校前」下車、徒歩3分。
舞鶴若狭自動車道福知山ICより約3分
駐車場無料駐車場あり
桓武天皇を祀る岡崎の平安神宮
平安神宮
平安神宮のだだっ広い白砂ゾーンにポツンポツンと龍虎がいます。
青龍。
平安神宮

白虎。
平安神宮

それはそうと神苑の枝垂桜はすごいです!
平安神宮

平安神宮

所在地京都市左京区岡崎西天王町
料金境内自由 神苑600円
時間6時〜18時(季節により変わります)
アクセス市バス「京都会館・美術館前」下車すぐ。
地下鉄東西線「東山」徒歩10分
駐車場市営岡崎公園地下駐車場(500台・普通車1時間500円)が便利
金のしゃちほこが屋根できらめく山科の本圀寺
本圀寺
金の龍がでろーんと石灯籠にからみつく本圀寺。
本圀寺
仁王様だって金ぴかです。
本圀寺
パワーがもらえます。

本圀寺

所在地 京都市山科区御陵大岩町6
料金境内自由
アクセス地下鉄東西線・京阪京津線「御陵」下車。山へ向かって15分ほど登ります。
真名井神社の狛龍
真名井神社の狛龍
京都最大級のパワースポットと名高い天橋立の北側にある真名井神社では狛龍が出迎えます。

真名井神社
神様が天と地を行き来する磐座と樹々。
圧倒される雰囲気を持っています。

真名井神社

所在地京都府宮津市字大垣430(籠神社)
料金境内自由
アクセス北丹後鉄道天橋立駅から天橋立を渡る。
または、丹海バス「傘松ケーブル下」下車
駐車場籠神社の無料駐車場または真名井神社手前の空き地へ。
地主神社はいつも若い人であふれている縁結びで最も有名な神社です。
地主神社
地主神社

恋占いの石、しあわせのドラ、恋の願掛け絵馬など、まるでテーマパーク。
大国主の白兎やお稲荷さんのキツネもいますが、写真の白蛇もいました。
地主神社の白蛇
地主神社の白蛇



地主神社の龍。社殿の天井にも大きな龍の絵があります。
地主神社の龍

この巨大な兎は奉納されたものか、あるいは祭神か。
地主神社の兎

大国主さんもいっぱいいる。
地主神社の龍

京都地主神社

所在地京都市東山区清水一丁目317
時間午前9時~午後5時
料金清水寺拝観料の300円が必要です。
アクセスJR京都駅・近鉄京都駅から市バス206・100系統で12分
阪急河原町・京阪祇園四条駅から市バス207系統で12分
「五条坂」「清水道」各バス停で下車、徒歩10分 清水の舞台を出るとすぐ左
瀧尾神社は「源平盛衰記」にも載っている古い神社です。
瀧尾神社

拝殿天井の8メートルの龍は圧巻です。
「龍が夜な夜な抜け出して、川へ水を飲みに行く」とうわさになったほどのリアルさ。
瀧尾神社の龍の写真


本殿をのぞくと階段両脇にお猿さん。
瀧尾神社

見上げると真ん中に彫られている不思議な生き物。手塚治虫先生のキャラクターを彷彿とさせる。
瀧尾神社

うさぎも見おろしています。
瀧尾神社

多くの動物や鳥が彫られていて見飽きることがありません。
鼠・馬・龍・牛・犬・猿・猪などの十二支をはじめとして、水鳥、鶴、鳳凰、犀、麒麟・・・実在の動物から想像上の生き物まで。
江戸時代末期の九山新太郎による彫刻です。
瀧尾神社


掛かっているうなぎの絵馬は近くの三嶋神社のもの。
瀧尾神社のうなぎの写真


百貨店の大丸さんが崇敬するお稲荷さん。
瀧尾神社のお稲荷さんの写真

瀧尾神社

所在地 京都市東山区本町11丁目718
料金境内自由
時間日中随時
アクセス京阪・JR「東福寺駅」から徒歩3分
天王山のふもとにある小倉神社は718年創建の古い神社です。
小倉神社

手水舎には立派な龍がでろ〜ん。
小倉神社

亀が3つ並んでいます。
小倉神社

そして参道わきには十二支の石像が順番に並んでいます。
小倉神社

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥・・・すべて勢揃い!
それぞれとてもキュートです。
小倉神社

小倉神社

小倉神社

所在地 京都府乙訓郡大山崎町円明寺鳥居前83
料金境内自由
時間日中随時

このページの上部へ

カテゴリ

最近のピクチャ

サイト内検索